「いま」が残り人生で一番若いとき

こんばんはー。ちひろですー。

 

みなさま最近はいかがお過ごしでしょうか。

 

最近は特に日中は少し暖かく夜は激寒ですね笑

 

最近、日々過ごす時間が特に早く感じております。

 

ついこの前こんなに苦労していたことがもう1年も前の話、なんてことはしょっちゅうな気がします。

 

ついこの前センター試験の記事を書きましたが、高校卒業の頃からもう10年近くも経って、もうそんな歳になったのか、、、と時間の早さを感じます。

 

最近みるテレビにでてるタレントの方、アナウンサーの方、アスリートの方、などなど

 

自分より年下の方々がメディアを通してご活躍されていることに、びっくりです。時間の早さを感じる機会はこれからももっとたくさん出てくると思います。

 

過去の話ばかりすると、歳をとった証拠、なんてよくいわれますが、たしかにそのとおりだなーと感じます。

 

まだ学生だったころに、

 

 今が人生で一番若い時だから今がんばれ

 

という言葉を見つけた時はハッとしました。

 

過去にとらわれず、未来を不安に感じず、今を精一杯がんばる、

 

という気持ちでいれば、いつまでもいきいきと暮らしていけると思います。

 

ぜひぜひ日々元気にハリのある生活を送りたいですね。

 

 

ではではー。

 

そういえばセンター試験

こんばんわー。ちひろですー。

 

今週末がセンター試験ということを実は昨日知りました笑

 

みなさま本当にお疲れさまでした。

 

あとメディアで話題のロンブーの淳さん、オードリーの春日さんお疲れさまでした。

 

私もセンター試験を受けましたが、思い返せばもう10年近くも経つんですよね。。

 

当時の私は18、19だったと思いますが、当時はパニック障害にひどく悩まされており、吐き気タイプだったのですが、吐き気のことが四六時中頭から離れずに、毎日ろくに寝られず、教室も途中離席ばかりしていたことはいまでもしっかり覚えています。

 

センター試験も2日間受けましたが、例によって吐き気がひどく、何度も手をあげてトイレにいって、最後まで受けきれたものの、点数がボロボロだったことは本当にショックでした、、、、

 

年数でみるとずいぶん前のできごとのように思い出せますが、本当についこの前受けてきたそんな感覚です。

 

受験生のみなさんも合格しなければならないというストレスのなかで本当に大変な状況だと思います。

 

私も一応は学校に入学はできたものの、失礼な話ですが、全く希望の学校ではなく笑、卒業までなんだかなーという気持ちで毎日過ごしていました。

 

これから一般試験、2次試験と大変な時期がくると思います。そのような時期の前にこんなことをいうのもなんですが、

 

もし全力を出しきってもうまくいかない結果になってしまったとき、どうか後ろ向きにはならないでほしいなと思います。

 

かくいう私も割と頭が固いこともありまして、偏差値だけをあげることを目標に、自分の志望校いけなければ、もうこの先終わりだ、、、くらいまでプレッシャーを勝手に感じ苦しんでいました。。。本当はそんなことないのですが、、苦笑

 

いまはが学生を卒業し、社会人をしていますが本当に世の中いろいろな人、人生があることを知りました。

 

社会の大きな海にでてみると、本当にいやなことばかりですが笑、思い描いていた道でなくても得るものも多く、逆に理想の道ではいずれにしろ息が詰まっていたかなーと思います。

 

学生の間は親御様、家庭環境の影響も大きいですが、社会人では本当に自分のやりようで大きく変わります。まだまだ切り返しできるチャンスはいっぱい転がっています。

 

その先の可能性を想像して、いまはリラックスして取り組んでほしいなーなんて思います。

 

今日はちょっとした昔話でしたー。

 

ではではー。

 

 

 

 

 

負けパターン

こんばんはー。ちひろですー。

 

 

 

今年は仕事終わりでもブログがんばります!

 

 

 

 

 

タイトルの負けパターンという言葉は東進ハイスクール林先生のが以前にテレビ番組出演されていたときに講義されていました。

 

 

 

 

 

いつ放送されていたか覚えていませんが、最近このことをふと思い出して痛感することがありましたので記事にします!

 

 

 

 

 

 

失敗する人、負ける人、どんな分野であってもその原因となるお決まりのパターンがあるとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お決まりの負けパターンとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「情報不足」なんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手の傾向と対策を知る、ということはどんな分野でも非常に重要とのことです。

 

 

 

 

 

 

傾向と対策という言葉は受験対策みたいですが、受験だけに限らず、どんな世界でも残っていくためには必須なスキルとのことです。

 

 

 

 

 

 

番組を見ながら、ふむふむたしかになるほどなーと思いました。で、しばらく忘れていて最近ふっと思い出しました笑

 

 

 

 

 

 

かくいう私もかれこれ情報不足での負けが非常に多い気がします笑

 

 

 

 

 

 

 

直近の負け?でいうと私は社会にうまく溶け込めない、馴染めない、舵がとれないというというものを経験してる最中ですが、笑、

 

 

 

 

 

今思うと学生時代にもっとアルバイトであったり、企業研究などやって、社会で生きていくための情報をかき集めておけばよかったかなーとも思います。

 

 

 

 

 

 

学生時代とは違い、社会では育ってきた環境などが全く違う方々と接していかなければいけません。

 

 

 

 

 

 

人との接し合いのなか、もつれあいがあるたびに、匙をなげてしまっては、お金も得られませんし、生きていくための食事もできません。

 

 

 

 

 

また非常に残念なことに、現代の日本社会では職歴というものが非常に重要視され、就業期間が短いとどんな理由であれ、次に応募する職には企業にとってマイナスになってしまう、、、そんな環境下にある気がします。

 

 

 

 

 

1つ歯車が噛み合わなくなると、連鎖的にどんどんマイナスな方向に向かっていくそんな環境にいつつあるように感じます。

 

 

 

 

 

なんとしても社会的に良いとされるレールにいたい!ということもありませんが、少し工夫するだけで自分のいやすい環境を疑似的にも作れたら、その方が生きやすいのでは?なんて最近では思いますが、、、苦笑

 

 

 

 

情報収集も、実際に自分で見たり聞いたり調べたりというものだけでなく、実際に体験した負けも記憶に深く残り、大きな収穫になりそうですので、失敗することも大切な情報収集なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

「失敗は成功のもと!」とも言いますし!笑

 

 

 

 

 

 

1度経験した失敗はその原因をしっかり突き止め、再度しないよう、最善を尽くしましょう!、ということが林先生の主張だったのでしょう。。。

 

 

 

 

 

 

そういえば、いつかのスピーチでもホリエモンこと堀江貴文さんも同じような内容を言っていたように思い出しました。

 

 

 

 

 

社会的に成功を収める方の主張には共通するものが多いですね。。

 

 

 

 

 

 

あの方々のように社会で大活躍!までは望みませんが、今後の人生に大きくマイナスになるような問題はパターンをしっかり把握して改善していきたいものですね。

 

 

 

 

ではではー。

 

 

 

 

 

 

 

自分のやりたいことを見つける方法

こんばんはー。ちひろですー。

 

 

 

 

今日は新年初めての買い物に出かけましたが、駅についてから人が多くてすぐ人酔いしました笑

 

 

 

 

 

 

今日の記事は自分のやりたいことを見つけるお話です。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルは私も学生のころから、いまでもずっと考えていることなんです。今後もずっと考えていくことなんだろうなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のやりたいことを見つけるって本当に難しいですよね。。。

 

 

 

 

 

 

 

自分のやりたいことって、これです!ってぱっと言える人ってどれくらいいるのかなー、ってこの頃思います。

 

 

 

 

 

 

 

10代、20代で見つかれば本当に御の字だとおもいます。見つかった人は本当に素晴らしいです!

 

 

 

 

 

 

 

長いことずっと探しても見つからないかもしれませんし、もしかしたらずっと見つからないままかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事を書く私もはっきりと把握できていません笑

 

 

 

 

 

 

 

 

googleの検索などで検索していろいろ記事をみるのですが、方法としてはどれも漠然としているんですよね。。失礼なこと言ってすみません(> <)

 

 

 

 

 

 

これは自分で少し実践していることですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の検索履歴を辿ること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これってなにかヒントになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

googleでも良いですし、youtubeでもOKだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去に自分が見た記事であったり、視聴した動画であったり、それを選択したとき、なんらかの理由があって選択したと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

特に理由がなくてもそのコンテンツを選択したという事実が、本人になにかしらリンクしていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

まして、そのコンテンツ内容が重複していれば、特に意識していなくても無意識に好んでいるんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

最近この方法に気づいて、自分のログを辿ったところ私は音楽のコンテンツが非常に多かったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1年くらい前から楽器を始めたのですが、ホントに趣味レベルです笑が、以前のようにモヤモヤしていたものが少し晴れてラクになったように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかこの記事でもふわっとした内容になってしまいましたが、もしよければ試してみていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

ではではー。

 

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

こんにちはー、ちひろです。

 

 

 

前回の記事から半年以上も放置しておりました。。これは反省。。

 

 

 

 

とうとう2018年が明けてしまいました。

 

 

 

 

 

まずは明けましておめでとうございます。

 

 

 

 

初夢をみました。飲食店に入ったものの、メニュー表の見方がわからず、店員さんのおすすめを注文しましたが、料金が書いてなく、あとで5000円もしてゾッとする、そんな初夢でした笑

 

 

 

 

20代も後半になり、日々が目まぐるしい速さで過ぎるのを感じます。

 

 

 

もっと日々を大切にして向き合わないと、と思います。

 

 

 

 

 

みなさまは今年の目標は決まりましたか?

 

 

 

 

私は今年は人生に余裕を少し持てるようになることが目標です。

 

 

 

 

学生のころとは全く違う社会の海に放りだされて、右も左も分からず、いいように労働として使おうとしてくる社会との妥協点が見つけられないなど、舵取りができず、ずいぶん難航しています。

 

 

 

 

今年はもういいかげん妥協点を自分でみつけて、どう生きたいかに向けた舵取り、をしていきたいと思います。

 

 

 

 

あとはこのブログももっと更新していこうと思います笑

 

 

 

せっかくのお正月のお休みなのでだらだらせずに、記事をいくつか作成します笑

 

 

 

2018年もどうぞよろしくお願いします

 

 

 

 

目的と手段

こんばんはー。ちひろですー。

 

 

 

今日は目的と手段のお話になります。

 

 

 

タイトルを書くときに順番をどっちが先でどっちが後か若干悩みました笑

 

 

 

ここ数年私がずっと悩んでいる、「やりたいことを見つける」というテーマですが、

 

 

 

ここには「目的」と「手段」の2つがあることが分かりました。

 

 

 

目的とは、文字通り、「やりたいことそのもの」

 

手段とは、「やりたいこと」を達成するためのツール

 

 

 

例えば、「海外で仕事をしたい」という目的が決まったら、

 

 

そのためには「英語が流暢に話せるようになる」

 

というのが手段の1つとして考えられますね。

 

 

 

でもこの手段もまた、目的になると思うんです。

 

 

 

「英語が流暢に話せるようになりたい」、という目的があれば、

 

「1日○時間は○○の教材で英語の勉強をする」という手段があり、

 

 

これらは、ピラミッド型の階層構造をつくるように感じます。

 

 

 

最終的な目的はピラミッドの頂上にあり、

 

 

その下の部分は全て手段

 

 

 

ただ、下位の手段から1段階上の手段は目的。

 

 

 

「やりたいこと」を達成させるにはこのようなピラミッドを下から順に充実させていく必要があるんだとこのごろ実感します。

 

 

 

まだ学生だったころ、闇雲に英語の勉強を頑張ってみたり、選択した授業内容をさらに深堀してみたり、

 

 

 

結局どれも長続きせず、途中で終わってしまいました。。

 

 

 

どれも何か目的を達成させる手段であり、私は目的もなく、手段を一生懸命取り組んでいた、というお話になります。

 

 

 

それじゃあモチベーションもあったものじゃないですよね笑

 

 

 

最終的なゴールを1つ決め、

 

 

 

そこに到達する為にはなにが必要か、

 

 

 

またそれにはどうしていけばいいか、

 

 

 

こんな感じで目的から逆算する必要がありそうですね。

 

 

 

今日はこんなことを思いついたのでちょっとした収穫でした笑

 

 

 

 

ではではこんなところでー。

 

 

 

 

 

同じ名前の違う地域

こんばんはー。ちひろですー。

 

 

 

私はいま東の方に住んでおりますが、いつも駅の時刻を調べるときに、

 

 

 

○○駅(○○県)

 

○○駅(△△県)

 

 

 

と、3つの場所が検索候補にあがります。

 

 

 

同じ地名、駅名が違う県にもあるということですね。

 

 

 

最近、一度その地域に行ってみたいなーとよく思います。

 

 

 

その地域に行って、そこに住んでいらしゃる方々とお話し、

 

 

 

話のネタの1つに、

 

 

 

私、○○県の○○、という地域から来たんですよー、

 

 

 

私の地域ではこんな町並みで…、、、

 

 

 

こんな話を現地の方々としてみたいですね。

 

 

 

おそらく、こちらで電車時刻を調べるときに毎回でてるのですから、

 

 

 

他の県の方々も電車時刻を検索するときに必ず出ていると思うんですね、

 

 

 

検索候補に出ているからなんだ、ってことは特にないのですが、

 

 

 

こちらが他の県のことを、どんなところなのかなーと気になっているように、

 

 

 

他の県の方々も、こちらのことを多少なりとも気になっていると思うんです。

 

 

 

将来的には、お金を貯めて、色々な地域を移り住むことが目標なのですが、

 

 

 

そのときに、同じ名前の違う県に行き、

 

 

 

現地の方々とこんなお話ししたいなー、なんてこの頃思ったので記事書きました笑

 

 

 

 

ではではこんなところで。